スポーツでは、下半身の使い方が重要とよく言われますが、野球のバッティングも下半身の使い方が重要視されています。

他のスポーツと基本的には変わりがあるものではありませんので、野球だけでなく、他のスポーツを経験することも、野球の上達にも役に立つと思います。

1.野球のバッティングの下半身の使い方

バッティングでの下半身の使い方で、重要な部分を占めるのは、かかとの使い方でしょう。

まずグリップを握り、次に体を捻り軸足に体重を乗せますが、この時に体重を、ややかかとよりに乗せます。

こうすることで、体の後ろの、背中やお尻の、大きい筋肉を使うことができます。

このとき、ステップする足は、かかとを上げたり下げたりしながら、ピッチャーの投げて来るボールを待ちますが、これは、ピッチャーがどんなモーションで投げて来ても、瞬時に対応するために行うものです。

そして、ピッチャーの手から、ボールが離れる瞬間には、ステップする足のかかとが着地して、体重がかかと寄りに移ります。

かかと寄りに体重が乗っているということは、つまりは「股関節に体重が乗っている」ということになります。

左右の股関節に体重が乗ることで、体のバランスを、うまく保つことができます。

2.下半身の使い方のポイント

このあとバットを振っていきますが、ポイントなのが軸足の使い方になります。

スポンサーリンク


軸足の親指あたりに、多少体重がかかっていることを意識してください。

ただし軸足の膝は前に出してはいけません。

膝が前に出てしまうと、バットを振る手の通り道がなくなってしまうため、バットが極端に外側から入ってきてしまうのです。

だからと言って、完全に、ステップする足に体重が乗ってしまうと、ピッチャーの方向に体が流れて、力をボールに、うまく伝えることができません。

ステップした足のかかと寄りに体重を乗せつつ、軸足の親指あたりで、コントロールをするイメージです。

この動きを身につけるには、構えるときに、軸足のつま先を少し内側に閉じておいて、親指あたりに意識を持っておくと良いと思います。

最後に腰の使い方ですが、前の腰は、構えた時点では約45度回転していますが、フォロースルーでは、反対に、後ろの腰が構えたときの前の腰の位置まで入ります。

フィニッシュの状態で、腰がきちんとこの位置に収まってない人は、体重移動が正確に行われなかった証拠になります。

そういう方は、構えを作る段階で、しっかり腰を約45度回し、体重を軸足にほとんど乗せることが必要になってきます。

バッティング上達のためには、ピッチャーのすべてのボールに対応できなければなりません。

うまく下半身を使って、ピッチャーのボールに対応していきましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!