野球を始めたころはバッティングの基本はダウンスイングだと教えられました。

しかし今、技術の発達やたくさんの情報が広がっていることでダウンスイングに対する認識が変わりつつあります。

したがってダウンスイングに対する正しい理解が必要となります。

ここでは「野球のバッティングが上達するためのダウンスイングの理解」をお伝えします。

なぜ初めにダウンスイングを教えるのか

野球のバッティングのスイングには大きく三つあります。

ダウンスイング、レベルスイング、アッパースイングです。

バッティングで最初に教わるのがダウンスイングですがそのとき言われるのが「上から叩け」ということです。

しかし、力のない小学生はバットをしっかり振ってボールを打ち返す力がありませんしボールの速さにバットのスイングが追いつきません。

そこでバット振るイメージではなく、上から叩くことを教えることでボールへの距離を短くしてボールの速さに対応できるようにするのです。

ダウンスイングが持つ意味

ではダウンスイングの持つ意味は何かというと、ボールまでのバットの距離を最短でスイングをする意識を持つことなのです。

力のない小学生がボールを打ち返すにはバットがボールに当たるまでの距離を短くしてロスのないスイングをさせる必要があります。

またバットを振る力もなくバットがボールのスピードに追いつかないのでダウンスイング教えるのです。

スポンサーリンク


もちろんバッティングでボールを捉えるときはバットがレベルスイングの状態の方が当たる率は上がります。

したがって、体力や技術の上達に伴ってボールを捉える瞬間はレベルスイングになっていることが理想的なスイングをなるのです。

ダウンスイングの持つ意味はあくまでもバットがボールを捉えるまでの最短距離を走らせる意識を持たせることなのです。

ダウンスイングの弊害と修正方法

ダウンスイングはバットを始動するときの意識の持ち方であって実際はレベルスイングの軌道を描いていくことなのです。

ダウンスイングを意識しすぎるあまり、体が前に突っ込むようになったりします。

体が前に突っ込んだ状態では体の軸がズレてしまうので、いいバッティングはできません。

したがってバットがボールに当たる瞬間にレベルスイングに持っていくことがバッティングの基本になります。

ダウンスイングで前に体が突っ込むのを修正する練習方法は、踏み出す前足に段差を作り、若干後ろに反るようなイメージでスイングを繰り返します。

意識は最短距離でバットを振ってレベルスイングを心がけてダウンスイングになりすぎないように修正をしていきます。

今までダウンスイングがバッティングの常識として教えられてきました。

しかしダウンスイングが意味するものが何かをしっかり知らないとバッティングの技術は上達しません。

それぞれのスイングの意味をしっかり理解して野球の上達につなげて欲しいと思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!