遠心力を利用するバッティングとは、体の軸をぶらさずに振っていくことが、キーポイントとなってきます。

体の軸がぶれてしまっては、バットが波をうち、バットからボールに正確に力を伝えることができません。

1.野球のバッティングの遠心力を利用する方法

野球のバッティングで遠心力を利用するには、バットを「小手先だけで振ってはいけない」、ということです。

体で蓄えられたエネルギーを、正確にバットに伝えることで、ボールをより遠くに、飛ばすことができます。

それには、構えのときに、上体をピッチャーとは反対方向に十分に捻っておきます。

そして、決して小手先でスイングしないように、手の位置は、体から離さず、せいぜい肩か肩より少し上ぐらいで構えます。

手が体から離れてしまうと、体のエネルギーを、バットに伝えることができなくなります。

遠心力をフル活用したいのならば、体を捻れるところまで、極限に捻っておきますが、そのときに、軸足がぶれてしまってはいけません。

野球のバッティングでの体のエネルギーは、体を捻れば捻るほど高くなります。

そうして蓄えられたパワーが、ボールを遠くに飛ばすための源になるのです。

そのためには、ステップした足もぶれてはいけません。

そうすることによって、バットの先端にまで意識を持っていくことができ、遠心力をうまく利用することができるのです。

スポンサーリンク


このような打ち方ができると、センターからライト方向への打球が、思ったよりも飛ぶようになります。

何故かと言いますと、バットが体のインサイド方向から出てくるために、センターライト方向に大変大きな円を描くことができるからです。

2.具体的な練習メニュー

それでは具体的な練習メニューですが、遠心力を体感してバッティングを上達させるためには、バットよりも長いもの、例えば、ほうきのようなものを振るのがよいでしょう。

体の軸をぶらさずに極限まで捻りを入れ、それを放出させます。

そのときに、ほうきの先端にまで力が働いていることを意識します。

体の回転ではなく、小手先だけで振っては、ほうきの先端に意識を持っていくことはできないでしょう。

イメージとしては体の回転と、ほうきが同時に回転している要領です。

また、バットより少し重いバットを振ることでも、体を使い遠心力を意識することができるのでおススメです。

遠心力をフル活用した打ち方を、一度覚えると、無理に力まなくても、ボールを容易に遠くまで飛ばすことができます。

手を体から離さず、体の回転を意識してバットを振れば、正確に、ボールに当てることもできます。

正確にボールに当てることにより、ボールはより遠くに飛んでくれるものなのです。

野球も、他のスポーツ同様正確な動作を行うことで、技術力が上達していきます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!